過走行車、10万キロ以上走ったハイエース買取査定

中古車市場では、走行距離は中古車の価値に大きく左右する様そうですね!年式にもよりますが、年1万キロを基準に3年落ちで3万キロくらいが理想ではないでしょうか?5年落ちで5万キロ、10年落ちで10万キロ・・・10万キロを超えると中古車価値としてはほとんど無くなると言われています。
実際、中古車市場で10万キロ以上走った車が売れるかと言えば難しいと思わないですか?

 

10万キロの中古車を中古車販売店や車買取店などに持ち込んだ際、ほとんどの店舗で10万キロの走行距離を指摘され買取価格は無残な物になると思います。

 

ハイエースでも10万キロ以上走行の中古車は価値が下がり、中古車買取価格は安くなります。しかしハイエースでもディーゼル車や年式が新しい場合は、10万キロ以上の車でも予想以上の査定価格が出る事も有ります。

 

200系ハイエースの中にも過走行車も多く、中古車市場でも流通しています。100系ハイエースは程度が良くないと日本市場では売却が難しくなっていますが、海外ではまだまだ需要が有るようです。(買取価格は期待出来ません)

 

過走行のハイエース中古車を少しでも高く売るのなら出来るだけ多くの業者への査定が必要になります。その為にも車買取一括査定サイトの利用は必須ですよね!
過走行車、高年式車の中古車買取にも実績が豊富な車買取業者や中古車販売店などとの提携が多いサービスが有利だと思います。

 

10万キロ以上走っているからと諦めないで1度は車買取一括査定サイトで査定依頼してみてください。